生姜紅茶ってなんなの?~しょうが紅茶を徹底解説~

生姜紅茶って何…?

生姜紅茶は、その名の通り紅茶に生姜を入れた紅茶の一種です。生姜の効能により、血の巡りが良くなり体を温めてくれるため、基礎代謝や新陳代謝が良くなったり、血液を綺麗に洗浄してくれるため、発汗しやすくなります。また、紅茶を一緒に飲んでいるので、カフェインを摂取しているため尿がたくさん出ます。私たちの体は、水分が体に溜まると冷え性になりやすく、美容面でいうとセルライトができやすくなります。では、どうやったら体から水分が出ていくのでしょうか?答えは、小便をすることです。そうすることで、体から水分が出ていき冷え性やセルライトができにくくなり、カフェインはこの働きを促すので、生姜と紅茶を一緒に飲むことで、ダイエット効果や冷え性の改善をすることが期待できます。そのため、冷え性やダイエットをする人の間では手軽で痩せやすい体を作ってくれるので、ダイエットのお助けアイテムとして重宝されています。

生姜紅茶の作り方

〈用意するもの〉
・お好みのティーパック…1個
・生生姜のすりおろしor粉末状にしたウルトラショウガ…一つまみ
・黒糖or黒蜜…お好きな量
①お好みの熱い紅茶を用意します。
②すりおろした生生姜か粉末状にしたウルトラショウガを一つまみ①へ入れる。
③お好みで黒蜜か黒糖を入れて味を調節する。

生姜紅茶を作る際に、生の生姜を使う場合は注意してもらいたいことがあります。それは、生姜はすりおろして三分もすると、効能が半減してしまうのですりおろすのは紅茶をいれて飲む直前に、すりおろしてもらいたいということです。 もちろん、生姜の効能なんかいらないから”味や香り”だけを楽しみたいという方は、味や香りはすりおろしてから多少の時間ではなくならないのでスルーしてもらって構いません^^

飲みすぎと飲む時間帯に注意

まず飲む時間帯に関しては、朝コーヒーなどの代わりに飲み、夜や寝る前は避けた方が良いでしょう。生姜紅茶と名前の通り、紅茶なのでカフェインが含まれているため、寝つきが悪くなってしまったり、利尿作用があるため夜中に、おトイレに起きてしまいます。ある意味、生姜の効能が気になる方は、冷え性であったりダイエットをしたいと思っていると思います。そうであれば、睡眠の質を高く保つ必要があります。なので、そうゆう意味でも夜や寝る前には飲まない方が良いと思います。

次に、飲みすぎについて。生姜による効能を期待してたくさん飲む方がいると思いますが、それはやめましょう。生姜は胃に対して刺激が強いため下してしまったりムカムカしてしまいますし、ヘルシアなどの特保と同じように作用が強まったりもしないので、飲みすぎには注意しましょう。