黒糖やはちみつを生姜と混ぜるだけで効果UP

黒糖生姜とは?

黒糖生姜とは、その名の通り黒糖と生姜を混ぜたものであり、別のページで紹介している生姜紅茶と同じようなものです。はちみつも上記の黒糖と同様です。

ただし、生姜紅茶とは違って、生姜と黒糖を混ぜて飲んだりは、人によるかもしれませんが、無理だと思います。なので、黒糖と生姜を混ぜたものを、”パンや豚肉やクッキー”に混ぜて焼いたり、ホットミルクに混ぜて飲んだりするのが主要です。

このように、今では摂取の仕方が多彩になっていますが、薬が誕生する前から生姜と黒糖のような、『生姜+〇〇〇』というような組み合わせは、風邪をひいたときや冷え性などに用いられてきたので、その効果には定評があります。そして、現代ではダイエット効果があると言われ注目されています。

黒糖と生姜を混ぜるとどうなるの…?

生姜と黒糖は友達なのです。黒糖と生姜は黒糖は生姜の良いところを引き出し、生姜は黒糖の良いところを引き出します。また、お互いの良いところを引き出すので、個々に持っている力が強くなり、単体で摂取するより何倍もの力を発揮します。 簡単に言うと、『ショウガ+紅茶+蜂蜜or黒糖』の組み合わせは、ショウガの効能を上げてくれるので一緒に飲むと効果が上がるということです。 例えば、手軽にショウガの効能を上げたいと思えば、紅茶に生姜を入れ、はちみつor黒糖で甘さを調節すれば、効果は何倍にも上がります。しかし、入れれば入れるほど効果が上がるわけではないので、『適量(1日10 g程度)』があることを理解してくださいね^^ もともと生姜と黒糖の効能は、ほとんどが異なりますが唯一ダイエット効果が被っているため、一緒に紅茶にでも入れて飲むことで効果が飛躍的に上昇し、代謝が良くなりダイエット効果が増すので、ぜひ試してみてください。また、はちみつに関しても同様です。

生姜+〇〇〇は大昔からの鉄板

薬が誕生する前から使われていた生姜ですが、なぜ生姜と何かを混ぜて摂取されていたのか…?

それは、生姜と混ぜると効果を何倍にも飛躍させてくれるためなのです。生姜と混ぜることで、生姜も混ぜたものもを中国では漢方と名づけ、その大半に生姜が含まれていて、冷え性や風邪などの治療に用いられていました。これのだれでも扱える現代版が黒糖生姜というわけです^^