金時生姜は普通の生姜の何倍も効果がある

金時生姜とは

金時生姜とは、一言でいうと温水育ちのお坊ちゃんやお嬢ちゃんなのです。というのは、普通の生姜は、1年を通して畑で飼育され、土の養分をたくさん吸って成長し収穫されたら畑を耕し、すぐにまた種を植えて飼育されこれを繰り返します。これでは、たくさん生姜を作ることはできますが、畑の土の養分が回復されません。養分が十分にない環境で育った生姜はやはり、ジンゲロールの含有も少ないため、効能が薄れてしまいます。しかし金時生姜は、生姜を1回飼育した畑(土)を次に使うまで7年間、生姜を同じ畑で飼育せずひたすら畑の土に養分を蓄えるのです。こんな栄養たっぷりの畑で7年に一度だけ飼育されるのでジンゲロールを通常の生姜の10倍含んでいるのが、金時生姜なのです。先ほど述べたように金時生姜は、7年に1度しか飼育→収穫ができないので、なかなかスーパーに並ぶことがないほどとても重宝されています。

生の金時生姜はどこに売っているの?

普通の生姜に比べて、ジンゲロールを多く含有する金時生姜は効能が10倍あるため、金時生姜を蒸したり乾燥させてウルトラショウガを作れば、とてつもない効能を得られると思われる方がいるかもしれませんが、なかなかスーパーなど私たちの手に届くところにはないので残念なところです。そのため、サプリメントなどを信用できない方は普通の生姜を蒸したり乾燥させてウルトラショウガを摂取するといいと思います。

上記のように効能が10倍もあるが、その希少性でなかなか生の金時生姜は手に入りません。なので、サプリメントとして販売されているのため興味のある方は、そちらを使用してみると良いと思います。

金時生姜の効能または効果

普通の生姜に比べて4倍の効果を持つ、金時生姜その効能や効果について以下で解説させていただきます。

・血管拡張作用
血管は、私たちが寝ていようが起きていようが運動していようが、常時、伸び縮みを繰り返しています。この血管の伸び、開く力が大きいほど、また血管の縮みが小さいほど汗をかきやすくなってダイエット効果があったり、心筋梗塞・脳梗塞になりにくくなります。(病的に広がればいいというものではありません(笑))

生姜に含まれるジンゲロールは、上記の通り血管を広げてくれるのでたくさんの血液が全身を巡り、栄養を十分補給しいらないものを回収していってくれます。

・殺菌作用
上記の作用のほかにも、金時生姜は効果が大きいので、胃や腸を綺麗に消毒してくれるので肝臓の働きが良くなり、代謝が良くなるので上記で述べたことを補助したり、便秘を改善してくれます。

・鎮痛作用
鎮痛作用に関しては、ジンゲロールの力だと科学的に証明されていませんが、肩こりや腰痛や膝の痛みを抑える力を持っています。